Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ぺそぎん・タンバリン
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
PR
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「おとなのK-On!秋フェス」MAGICAL MYSTERYライブ終了!

改めまして、去る11月21日は河原町Blackboxにおいて
「おとなのK-On!秋フェス」と題されたライブイベントが行われ、
今回私の所属するMAGICAL MYSTERYが
トップバッターを務めさせていただきました。


 

--------------------------------------------------

MAGICAL MYSTERY
もともとMAGICAL MYSTERYは
今年の千里ロックフェスティバル出場に向けて結成されたバンドでした。
バンド名は、出場のためにどうしても必要だったため
取り急ぎ何かわかりやすくてナイスな名前はないものか、と
軽い候補くらいの気持ちで私が何気なく提案したのが
そのままあっさり採用されました(笑)。

由来は、当初千里ロックフェスで浜田麻里さんの曲をやろうということで、
曲候補を決めるきっかけとなったライブDVDが
「MAGICAL MYSTERY "MARI" 浜田麻里 LIVE '85」
と言いまして、当時やろうとした曲もそこから取ったことから決めました。
あと、The Beatlesで「Magical Mystery Tour」という
アルバム(と同名の曲)があるのは有名な話ですね。
そこもちょっとあやかってるんですが、それぞれの単語の意味が

MAGICAL=魔法の・不思議な
MYSTERY=謎・神秘

平たく言えば何が出るかわからんぞという意味です(ずどーん)。

実はこの由来のことをMCでしゃべろうと思ってたんですが、
何をどう間違ったかバンド名じゃなくて

結成秘話の方にすり替わってましたorz。

何か楽しそう☆

多分これはこれで緊張していた表れであろう、
と一応言い訳なんぞしてみる。。。(ノ><)ノ。


残念ながら申し込みが遅かったためあえなく落選しましたが、
千里ロックが10分限りのステージなので、
それに合わせて考えていたセットを大幅に変更して曲数を増やし、
フルライブをやろう!という目標に切り替え約半年の間スタジオに入りました。


ではSET LISTをば。

OVERNIGHT SENSATION/FIREHOUSE
SPACER/浜田麻里
-MC-
CROSS THE LINE/PLACE VENDOME
WILD CHILD/HEART
-MC-
ALL NIGHT PARTY/浜田麻里
-MC-
CALL ME/Blondie

MAGICAL MYSTERY

んだば1曲ずつ。

FIREHOUSEは、ストレートなハードロックで
わかりやすくてすごく聞きやすいアメリカのバンド。
その中でも特にこの「OVERNIGHT SENSATION」が一番好きで、
ぜひこの曲を歌いたいと言ってレパートリーに加えました。
この曲って実は一番難しいのは出だしの「OH YEAH」のロングトーン。
男性ヴォーカルだから高すぎるはずはないのですが、
安定した音程でこのロングトーンを保つのは至難の業でした。
裏を返せばそれ以外はあまり難しくないとも言う(*´艸`)。
母国語でないこと以外はすごく歌いやすい曲でした。

次に歌ったのは浜田麻里さんの「SPACER」。
何を隠そう、千里ロックの候補の一つだった曲です。
今回のライブ用のセットリストには当初入ってなかったのですが、
もう1曲入れられそうだとわかった時点で
麻里ちゃんのヘヴィメタルな曲を歌いたくて最後に加わりました。
ライブDVDにも収録されている曲で、部分的にライブVer.の歌い方をしました。

MCをはさんで次に歌ったのが多分一番どマイナーな
PLACE VENDOME(プラス・ヴァンドーム)の「CROSS THE LINE」。
これはMCでも言いましたが、
元HELLOWEENのキスケことMichael Kiskeがヴォーカルを務める
プロジェクトバンドがPLACE VENDOMEと言いまして。
私がHELLOWEENを好きになった音源が
後任Vo. のAndi Derisであることもあってか、
マイケル・キスクの歌には
周りが言うほどの思い入れがなかったのですが、
このPLACE VENDOMEのアルバムの1曲目を飾った
CROSS THE LINEを聞いて、キスクの歌が好きになりました。
ギターのかーつさんがこの曲を挙げてくださったことで、
この曲を歌わせてもらえたことを、本当に幸せに思います。

HEARTはもともと「ALONE」というバラード曲で知りましたが、
「WILD CHILD」はBRIGADE TOURのライブビデオで
1曲目を飾っており(アルバムでも1曲目ですが)、
曲がとても気に入りました。
Ann Wilsonのパワフルヴォイスを
いかに自分のモノにするかで苦悩しました。
ヒトカラならぬ個人練習(通称個スタ)で、
オリジナル音源にあわせて歌う練習をする際、
元の歌を消すくらいの気持ちで歌うところを、
どうしても歌声で勝てないのがこのアン姉さんでした(ノд<。)゜。

「ALL NIGHT PARTY」も千里ロックでの候補曲でした。
私らしからぬ、できるだけ麻里ちゃんの
かわいらしい部分を…と思って歌ってみました。
気持ち悪かったらすんまそんm(_ _;)m。
この曲もスタジオ版よりは
ライブ版の歌い方を採用しました(微妙に違うのよ)。

「CALL ME」は上記の通りBlondieの曲ですが、
ようつべでメタルVer.でカバーされていた音源がUPされていて、
個人的にはそっちの曲調が好きだったワタクシ。
歌詞はオリジナルにほぼ忠実ですが、
微妙な歌いまわしのほとんどはメタルVer.で歌わせていただきました。

ライブ告知表記では「70〜80's 洋楽」となっておりましたが、
70年代の曲はないし邦楽2曲あるし2005年の曲もあるのは、
もともとの持ち歌がこういう曲だったから、と補足しておきませう。

当日を迎えるに当たっては喜怒哀楽いろいろありました。
衣装がなかなか決まらず、ようやくコレ!と思ったものに
針と糸とハサミをもってして手を加えることにしていたのですが、
体調の絡みもあって当日急遽衣装を変更することになったり、
(実は針仕事が間に合わなかった説も有力ナリ>_<;)
それとはまた別に、中でもとりわけ辛かったことや、
直前にあった悲しかったことを胸に、
私個人にとって初のフルライブとなるステージ迎えたわけですが、
たくさんの方々に支えられて、
満面の笑みで無事に終了することができました。
ご来場くださった皆様、応援のメッセージを下さった皆様、
本当にどうもありがとうございました。

これ何か好き。

MAGICAL MYSTERYとしての今後の予定はありませんが、
これからも歌を歌い続けていきますし、
この先何かの形でまたステージに立ちたいと思っています。
今後ともヴォーカリストとしてのkaedeを
よろしくお願いいたしますm(_ _)m。
posted by: kaede | レポ | 23:17 | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:17 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://wriggle.jugem.jp/trackback/632
トラックバック