Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ぺそぎん・タンバリン
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
PR
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
SWEET HARD DREAMER Vol.1

去る5月29日は神戸の六甲にある
Maiden Voyage(メイデンヴォエッジ)へ行ってきました。


 

--------------------------------------------------
この日行われたSWEET HARD DREAMER Vol.1というライブイベントで、
出演バンドは以下の通りです。

インテリペリ
BOSTON BAG
関西王子連合
BLACK STEEL RAIN

出演バンドリストとドリンクチケット

聞けばトリのBLACK STEEL RAINのギタリスト
KOUSUKEさんのお誕生日が近いとのこと。
そして確か関西王子連合でもKOUSUKEさんが参加していることと、
インテリペリもKOUSUKEさんが参加……待てよ?ていうことは、ま・さ・か。

何と全4バンドともKOUSUKEさんがフル出演ということです。
会場に着くちょっと前にうすうす感づいたなんて、
鈍感なくせに意外に冴えてる?←言ってろよ

トップバッターは名前でだいたい何をやるか想像つきます「インテリペリ」。
IMPELLITTERIのカバー、ですね。ワタクシちょっと前まで

「あれ?インテリペリやっけ?インペリテリやっけ??」

と本気で混乱しておりましたが、多分彼ら(=インテリペリ)のおかげで
ようやく世界最速のギタリストの名前を
ちゃんと言えるようになったかも知れない(笑)。

おっとその前に、先日亡くなった
Ronnie James Dioへの追悼の意味を込めまして、
ヴォーカルの鈴くんと、KOUSUKEさんによる弾き語りで
「RAINBOW EYES」をしっとりと。

RAINBOW EYES♪

それから本編(?)のインテリペリ。
インテリペリ
インペリテリのカバーバンドでインテリペリ、
あああわかってるけどややこしい(>_<;)。

インペリテリの曲はほとんど知らなかったけど、
相変わらずハイトーン炸裂の鈴くん。
さっきのしっとりなアルペジオとは打って変わって
ハードに飛ばすKOUSUKEさんと、
普段は魂銃-SOULGUNS-というバンドで、
白い顔でメタルをやっているというKouさん。
個性的な2人によるツインギターセクションです。
しかもKouさんもこのあともう一つ出演されます。
ベースの風-kaze-さんはCrying Machineというバンドで活躍されている、
物静かなお姉さんという雰囲気でありながら音は結構男っぽさがありましたよ☆
ジャーマンメタルがお好きらしい
ドラムのながゆきさん、平成生まれらしい…(驚)。
この日のイベントを頭から盛り上げてくれる熱いステージでした。

あ、そうそう鈴くんからKOUSUKEさんへバースデープレゼントが。
「夢さがし(アルフィー・高見沢俊彦物語)」という、
今から27年(!)も前に発行された貴重な本らしいですヨ。
押入れから出てきた、という話だったような………(*^m^*)。

続いて「BOSTON BAG」。
BOSTON RAG

こちらもその前にヴォーカルの方とギタリストさんで、
EAGLESの「Desperado」をカバー。
ちなみに私はこの曲をCarpentersで知ったのですが、
歌い回しを聞く限りEAGLESバージョンでまず間違いないでしょう。

その後バンド編成で改めまして「BOSTON RAG」。
KOUSUKEさんが高校生のときにやっていたバンドで、
ドラマーさん以外は当時のメンバーのままということだそうです。
ヴォーカルさんは今回のライブのリハに1回も参加していないため、
結構いっぱいいっぱいの感じだったみたいです。
1曲やった後でしょうか、
何と先ほど「Desperado」を弾いていた方の
ギターの弦が切れると言うアクシデントが。
換えのギターとして、「それ同じチューニングやから」と
ステージ脇に控えてあったKOUSUKEさんのギターを借りることになりましたが、

「サイゼリヤの天井みたい」な、
ど派手ペイントのフライングVタイプ


だったりします。

弾きにくそう…。

普段変形ギターを弾かないであろう方が急遽こういうギターを持つと、
やっぱ弾きづらそうだなと^^;;;。
当時流行っていた曲などを中心にカバーしていたとかで、
WANDSの「Jumpin' Jack Boy」や
BON JOVIの「Livin' On A Prayer」もやってました。
この辺りの曲が高校生くらいの頃に流行っていた、ということは、
もしかして私と年代的に近いのではないか?と個人的に思いましたねσ(^皿^)。
あ、ラストにやってたのはMr.BIGの
「Daddy, Brother, Lover, Little Boy」だったかな。


…で、実はこのサイゼリヤ(中略)なギターは
またのちほどご登場予定です。


予てからその存在は知っており、密かに気になっていたバンドでもありました。
その名も「関西王子連合」。
3ステージ目のKOUSUKEさん、2ステージ目のKouさんと、
この後のBLACK STEEL RAINにも出演するギターのRyoさん、
ドラムのKing Conyさんというかけ持ち勢ぞろいな面子の中、
ひときわ目立ってるのは…

関西王子連合

はい、まずここで下の画像のギターに注目。
先ほどの「BOSTON BAG」で急遽代役(?)になった変形ギターですね〜。
サイゼリヤの天井みたいなペイントであることが
お分かりいただけますでしょうか(笑)。
度重なるお召し替え後(含笑)に「王子〜!」と呼ばれるまで
なかなか登場しなかったこの方(爆笑)もですが、

王子〜♪

やはりこの「ぶぇぇぇしすと」わきもさんも
結構目立ってると思います(大爆笑)。

ぶぇぇぇしすととぅあるものわ〜〜〜〜!

どんな時でもベーアンの前で直立不動でルート弾き…なわきゃないない(^曲^)。
KOUSUKEさんとほぼ同じくらい、
下手するとそれよりもっと前に出てくるあたりが
やはりぶぇぇぇしすとたる者、ですよね。

誰よりも前に出るぶぇぇぇしすと氏

時に主役の顔すら隠してしまうわきもさんのヘッド(爆笑)。
よく見たら5弦ベースでした。

完全にネタ狙いでシャッター押しました(笑)。

単純にTHE ALFEEのカバーなんだろうと思ってたんですが、厳密には
「THE ALFEE・高見沢俊彦さんのソロ曲を中心に派手にやってる」らしい。
ちなみに今回検索して調べてようやく理解したのですが、
高見沢さん本人のソロプロジェクトのサポートプレイヤーメンバーが
「王子連合」というだそうです。
(元々は高見沢さんの飲み仲間ギタリストの集まりだとか←Wikipedia参照^^)

「星空のディスタンス」と「メリーアン」以外は
高見沢さんのソロ曲…だったっけ。
それほど詳しくないのですが、
演奏された中で知ってた曲がこの2曲だけでした(^^ゞ。
んが、全体的に見た目どころか音も派手。むしろド派手ですね〜!
関西王子連合では画像の通りヘッドセットを着用し
ギターヴォーカルのKOUSUKEさん、
分厚いサウンドの中でしっかり王子の存在感を魅せつけます。

ちなみにMaiden Voyageのステージ奥には…
船のハンドルの役割のアレ、操舵輪って言うんでしょうか。
それが壁面にあるのですが、これのせいで
新たなあだ名をつけられてしまった方がいます。

後ろの舵が…

鋼鉄の尊師とも呼ばれている、King Conyさん。
舵とお髭というシチュエーションからか

宇宙戦艦ヤマトの沖田艦長みたい

ということで、MCでもしっかり「沖田艦長」と呼ばれてしまってました……。


トリは「BLACK STEEL RAIN」。
BLACK STEEL RAIN

KOUSUKEさん、Ryoさん、沖田k…じゃなかった
King Conyさんは引き続き出演。
何を隠そう、実はBSRを見るのは多分3回目(←ってオイ)。

かなりハイトーンなヴォーカルのCROWさん、
一体どこからそんな声出るんですか???

CROWさん

そしてConyさんのうるとらハイスピードなツーバスも炸裂です。
KOUSUKEさんのMCの最中に絶妙なタイミングで
シンバル叩くコミカルな一面もありました^^。
しかし2バンド連続ともなるとかなり体力的に大変だとお察しいたします^^;;;。

沖…じゃなくて鋼鉄の尊師

ツインギターバトルと、やたら高くセッティングされた
チャイナシンバルにも注目(笑)。

ツインギターと高いシンバル

ジャーマンメタルを思わせるくらい疾走するような
ハイスピードナンバー満載で、
たっぷりと熱い熱い鋼鉄のシャワーを堪能いたしましたよ。
posted by: kaede | レポ | 23:17 | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:17 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://wriggle.jugem.jp/trackback/575
トラックバック