Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ぺそぎん・タンバリン
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
PR
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
どきっ!第2回参戦

どきっ!

↑りふぁこさん作の「どきっ!」看板(笑)。

昨日は、私にとって2度目の、
恒例の聖飢魔IIスタジオセッションへ参加してまいりました。

『どきっ!悪魔だらけのセッション大会09・大阪梅雨の陣!』

今回、早いうちから日程は決まっていたものの、
いろいろありましてなかなか参加の確約ができずにいて、
結局当日の3日前(!!!)に滑り込みで意志表明をしたという、
例に漏れずスライディング方式の鬼畜っぷりを発揮してしまいました(謎)。
しかも病み上がり参戦のくせして、勢いあまって前回参戦時
4曲を上回る5曲参加決定。大バカ者。

一度参加してることもあって少しは余裕を持って動き回れたとは思いますが
その前に一つポカをやらかしてます。
曲順(=出番)は当日会場へ行くまで未定とはいえ、
下手するとド頭から歌う可能性もあったので時間に余裕を持っていったつもりが、
大阪環状線のちょっとした信号待ちというゼウスの妨害にしてやられ、
開始時間の午後4時を少し回って到着しました、スミマセン。
会場のスタジオFREE PEOPLEのある最寄り駅、
大正駅に着いた時点で4時回ってたため、
近くにまったり停まっていたタクシーに乗り込み、
警察手帳ならぬ(オイヾ(--; )フリピの会員証の裏面を見せて
「この住所に行ってください!この道まっすぐで、カレー屋さんの手前ですっ!」
で、歩くよりははるかにひとっ飛び感覚でフリピ到着しましたです。
660円の出費はちょっと痛かったけど、着いたら案の定トップバッターだったので、
タクシーかっ飛ばして(そんな距離じゃないが)行ったのはまぁ正解だったかと。

というわけで私が参加した曲は以下の5曲。()内はツッコミ的キーワード。
JACK THE RIPPER(全員ならず)
1999 SECRET OBJECT(リベンジ1)
KIMIGAYOは千代に八千代の物語(アイコンタクト)
蝋人形の館 '99(リベンジ2)
THE OUTER MISSION(リベンジ3)
それ以外で、空いてるコーラスマイクを拝借してなんちゃってコーラス参加数曲と、
高さと位置が気になって時々マイクスタンドを直すなんちゃってローディー数回(笑)。

今回ここでも書いたんですが、5曲中3曲が私にとってリベンジ曲となりました。
その説明も追ってしつつ、順番にワタクシサイドに書いていきます。

まず時間は過ぎたけどかろうじて自分の出番には滑り込みで間に合った、
参加1曲目の「JACK THE RIPPER」。
フリピに着いてまず、ドラムでご一緒してくださるFASCISTのZENKICHIさんと、
「出だしはどうしようか?」という話になりまして。
この曲、「時に19世紀末…」とか
「昨日、人を殺した…」で始まるお決まりのくだりがありまして、
それをどうするかによって曲の始まり方が全然違ってきます。
フリピのロビーで堂々と「殺す」という言葉を連発しながら
真剣に打ち合わせをしているという、パッと見異様な光景ですが^^ゞ、
最終的に「My name is JACK THE RIPPER!」を合図に曲を始めることに決定。
結果としてはこの事前打ち合わせのおかげで少しリラックスできたかもです。
出来は…やはり遅刻したし(苦笑)一発目なので声の出もイマイチ。
とはいえ、何とか歌の方はやれるだけやれたと思います。
最後の方で出来るだけ周りの人みんな指差しながら、
「お前も殺す、お前も殺す、お前も、お前も……アッハッハッハ、ハッハッハッハッハ…」
と、意識的に悪魔声っぽくやってみました。
演奏終了後のシメのせりふは「全員殺しそこねました〜(笑)」でしたとさ。

続いては「1999 SECRET OBJECT」。kaedeリベンジ1曲目。
これは、以前とある聖飢魔IIコピーバンドのヴォーカルオーディションを受けた際、
やってた曲の1つがこれでした。その時の出来ももちろんよくはなかったし、
またスタジオでのバンド演奏で歌う機会があれば、
もう少しレベルを上げたいと漠然と思っていた曲でした。
リベンジになったかどうかはわからないけど、
前は自分以外まったく知らない人とのセッションだったのに対し
今回会話はさておき最低1回は面識のある方々とご一緒したのもあり
精神的にはかなり落ち着いてやれたと思います。
何より、この曲は「コーラス隊」の皆様に助けていただきましたね♪

今回最悪だったのが「KIMIGAYOは千代に八千代の物語」。
やりますって言ったものの、やはり練習期間が短かったのが一番アダとなりました。
たいていの曲って気をつけて聞いたら、歌が始まるまでの小節数がわからなくても
ドラムのフィルインでタイミングがわかる場合もあるんですが、
この曲はそれが全くないようなものなので、
ちゃんとカウントしないとエライことに…なりました。
1コーラス目、2コーラス目ともカウントしそこなって
Aメロに入るタイミングがわからなくなり、
たまたま真正面にいたFASCISTのKAZUさんに目で
「あ、あれっ!?い、い、い、今ってもう歌っていいんでしたっけ!?」
と訴えてしまいました、2度も(註:この曲にKAZUさんは参加していません)。
ただkaedeの真正面に立っていたというだけで
とんだ迷惑をこうむったであろうKAZUさん、ホントにすみませんm(_ _;)m。
ラストの3コーラス目だけは辛うじて頭からAメロ歌えましたが、
この日一番の出来の悪さにしばし凹む…(ノД`)・゜・。

と思いきや、何と凹む間もなく連続で次の曲「蝋人形の館 '99」へ。
この曲はコピーの定番でもあり、難易度としてはそれほど大変でもない方です。
(や、でも '99バージョンだからそれなりの難易度はあるな…)
加えてkaedeリベンジ2曲目となるこの曲は、2006年の1月に
南草津L.Q.での新年会セッションで突然決まってドタンバで歌った曲でして、その時は
出だしの「悪魔の森の奥深く…」を完全にすっ飛ばして曲に入ってしまいまして。
今回はスタジオセッションなので、事前にどうするか決めてから始めるので、
MCすっ飛ばす心配もなかった反面、「お前も蝋人形にしてやろうか!」で始めることになり
結果としてそこは2006年の時と同じパターンで曲に入りました。
曲全体としては、KIMIGAYO〜に比べたらかなり楽に歌えましたね。
あ、こちらもコーラス隊の皆さんに助けていただきました。

最後に歌ったのが、本当の意味でのリベンジとなった「THE OUTER MISSION」。
前回の「どきっ!」でも苦戦した変拍子のこの曲ですが、
実際のところ、今回一番ちゃんと歌えたような気がします。
もともと一発で「せ〜のっ!」と合わせられる曲じゃないので、
そこはぶっちゃけ私含めて全員あきらめてます。
あとは、どれだけ途中で止めずにやりとおすか。
誰かが止まったとしても、演奏は止めずにそのまま誘導できるか。
これに尽きたなって思います。
今回は、FASCISTのKAZUさん、香月斗鴉さん、せぶん。嬢が
前回もご一緒したのもあり、その分かなり安心してやってました。
サビのコーラスでは香月さんを見ながらついていくというズルをやったりもしつつ
(この日はFASCISTのギタセクに対してどこまでも鬼畜ですみませんです>_<;)、
ご一緒したのは初めてだったかな?ミッドナイト悪魔。のベースのいせまるさんや、
急遽この難しい曲を叩いてくださったJackさん(こちらもご一緒は初めまして)と、
全員で最後までやりとおせた事にすごく達成感というものを感じました。
いや、本当に楽しかった。

その後結局打ち上げにまで便乗してしまうのであった………。


改めまして、この日お会いできた皆様、ご一緒できた皆様、お話できた皆様、
本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!

おまけ。名前と顔が一致するスーパーアイテム「名札」(自作)。
これくらいPC使わんと手書きで書けってか。
名札

posted by: kaede | Session | 19:20 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:20 | - | - | - | - |