Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ぺそぎん・タンバリン
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
PR
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
近畿激音集会Vol.11
去る16日に、京都MUSEで行われた「近畿激音集会Vol.11」に行ってきました。
今までCANTAで大阪MUSE江坂MUSEと渡り歩いてきた(?)ワタクシ、
この日何気にMUSEを全部制覇していたという。
さすがに大阪MUSEと違って実にわかりやすいため、
私が迷子になりやすい(^^;)京都であっても迷うことなく到着。
着いて早々にペンキ塗りたてのごとくかぐわしき(オイ)階段を
3階まで登っていくとタムやんとかんさんを発見。
知ってる面々見ると途端に安心してしまったのでした。
天井が高いところは全てのMUSEに共通した特徴と言えましょう。
キャパは…ドリンクコーナーが別室にあることもあってか、
大阪が一番広いように感じますが実際どうなんだろう。
京都と江坂はホール内にドリンクコーナーがあって、
その分狭く感じるのもあるし、もともとの幅もそんなに大きくはないかな。

出演した3バンドはJawbreaker、Autumn Fields、D-Xの順で、
個人的になかなか見ごたえのあるライブでした。

以前2006年のめちゃブレの時に、最後に出ていたバンドさんで歌ってたのが
確かJawbreakerのVo. の方だと記憶しておりました。
とてもいい声をしてると思ったので印象に残ってたんだと思います。
実はJawbreakerも出るということを、直前まで把握してませんでした。
チケット見て「アレ?」でもそう言えば知り合いの告知にバンド名あったよな??
どこか抜けてるワタクシでした。何はともあれJawbreaker1年ぶり?のライブとか。
めちゃブレで見た時もそうでしたが、あまり大柄ではないあの体から
どうやってあれだけ存在感のある声が出せるんだろう…と思いました。
途中ギターを弾きながら歌う曲もありましたが、
「ギターが大きい!」なんて客席サイドからのツッコミもありました(爆笑)。

続いてバンド名だけでは「???」な「Autumn Fields」。
ヴォーカルがkeiさん、ギターがKenさん、ベースがM∀KOさん、
ドラムがぷ〜さん♪と、何のことはない、フタを空けたら
全員が顔見知りのメンバーです。何をやるかは直前まで明かされておらず。
M∀KOさんとはスタジオセッションで初めてまともにお会いしてたけど、
あちこちのライブ会場でのニアミスも多かったのに、
実はステージを拝見したことがなかったので、今回それが一番楽しみだったのです。
で、いざ聞くと……………う、曲が全然わからん。
それは選曲がマニアックだからか?それとも私が無知なだけか?
多分両方だと思います(爆笑)。
ただね、5曲目にやってた「Have You Ever Seen The Rain」。
これ実は何と、父親からベースラインを一通り習った唯一の曲。
kaedeの父はギタリスト兼ベーシストで、中学生の頃だったか
何故か父は私と妹に、この「Have You Ever〜」のベースラインを伝授してくれまして。
確かに非常にわかりやすいし初心者向けではなかろーかと。
おそらくほぼ正確にベース弾けた曲であるハズ。練習したらまた弾けると思う。
まさかそんな思い入れの…あるかどうか以前にすっかり忘れていた記憶を
こんな形で呼び戻されるとは…あまりに懐かしさがこみ上げて、
歌詞がうろ覚えだろうとハナモゲラ語で一緒に歌っておりましたですよ。
M∀KOさんが弾いていたのと、パピィに教わったのとでは
多分フレーズもポジションも若干違ってた気がします…多分(ウロ覚え)。
とにかく京都にいながらにして中学生くらいにタイムスリップした瞬間でした。
あと、こないだセッションで自分が歌ったばかりの「Rock And Roll」。
メロディーはさておき歌詞ともなるともう半分近く忘れてました(恥)。

そしてこちらも弦楽器隊になじみのゴザイマス「D-X」。
さらに、Vo. のTAKUMAさんですが実は某所でお見かけしたことがあり、
彼のことを私は「トナカイの人」と覚えておりました。
何でトナカイか??気になる人はコメントでも何でも私に聞くよろし(←謎)。
おいといて、thumbingでも知ってるつもりのhikoさん、総帥の迫力のサウンドは、
D-Xではまた何か違うぶ厚さを感じました。
前へ出て暴れてみたい気もしました。
でも今回ばかりは…2日前に寝違えて首痛めてたため無理でした。
首さえ痛くなければ前に出て行きたかったんだよ、信じてくれ〜い。
でも音はヘヴィなのに掛け合いに「オッス!」っていうのが親近感あるっていうか。
首さえ痛くなければもっとガンガンに拳を挙げたかったんだよぅ。

というのがライブ全体の大体の流れっていうか印象でした。
その後、一部のメンツでひっそりこっそり?打ち上がる予定だったのが、
いつの間にやら人数が倍増??し、気づけば時刻は日付変更線をとっくに越え、
電車など絶対にあるわきゃない時間になっておりました^^;。
すばらしいベースプレイを"魅"せてくれたM∀KOさん、
大元の打ち上げの前にわざわざ私たちのいた打ち上げにまで顔を出してくれたkeiさん、
いろいろお話してくれたKenさん、遠いところまで送ってくれたぷ〜さん♪、
そして歌い手として貴重なアドバイスをくれた泉さん、
何かといろいろ助けてくれたnacchie、タムやん、ありがとうございました♪
posted by: kaede | レポ | 13:22 | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 13:22 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://wriggle.jugem.jp/trackback/400
トラックバック