Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ぺそぎん・タンバリン
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
PR
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
ヒアリング
むか〜し昔、あるところにおじいさんとおばあさんが……じゃなくて、
ワタクシkaedeがヴォーカルなんぞ目指してもいなかった当時のこと。
カラオケのレパートリーを増やそうと思って歌を覚えようとしていました。
CDプレーヤーの前で歌詞カード広げて、闇雲に音源聞きながら
オリジナルに合わせながらひたすら歌っておりました。
そういうやり方を結構な年数やってきたと思います…多分(うろ覚えかいっ)。

しかし、実はこれがあまり効率よくなかったりするんだ。

そんな時、私にヴォーカルの称号を初めて与えしバンドの某メンバーが、
目からウロコなアドバイスを授けてくれました。

まずはとにかく聞いて聞いて聞きまくる!!!!!

例えば本を読みながらでも料理しながらでもいいから、
この際「ながら族」でひたすら曲をかけまくって耳から流し込む!
そうして頭に入った状態で、徐々に一緒に歌ってみていくというもの。

本来パートがヴォーカルでない彼がこれで歌を覚えたと言うので、
以後この方法で歌を頭に叩き込むようにしております。
覚える曲数が少ないと同じ曲を立て続けに聞く形になるので
飽きやすいという意見もありますが、
覚えたる!と思って聞いてる分にはさほど苦にならないかと。
また、覚え初めの時点では無理に歌詞を目で追わないで聞き流すようにします。
歌詞なんざ曲が頭に入ってからの方がすんなり飲み込めたりするんですよ。

ヴォーカルやってる方がどのようにして歌を覚えてるのかはわかりませんが、
少なくとも私にとって彼のアドバイスはとても参考になっております。
とりわけ歌うのにあまり自信がない曲をこれから覚えるのに効果的。
特に英語の歌の場合は読めない単語があったりするので、
辞書を引く時間とヒアリングの時間もいるんだけどねσ(--;)。
(それが案外歌詞カードのスペルミスの発見につながったりもして…)
今年の春にとあるスタジオセッションにお呼ばれして、
全然知らなかった実質4曲の英語の曲を覚えるのに役立ちました。

そして今、自分で首絞めた状態でとある曲を必死に覚え中。
あ、あ、あ、あいきゃんとすぴーくいんぐりっしゅΣ( ̄◇ ̄;)なワタクシですが、
意外に覚える歌詞が少ないことに気づき密かにラッキーと思っているv( ̄ー ̄)。
もちろん、これ打ってる今もCDウォークマンで聞きまくっておりまする。

あとの問題は他に演奏してくれる方が現れるかどうかなんだけどね^^;。
posted by: kaede | 個人練習・歌 | 01:14 | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:14 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック