Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ぺそぎん・タンバリン
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
PR
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
「なんか凄いやつら!新春特別版!」偽モノたちの80's ロック平成「女祭り」

2019年明けて1月13日(日)、

久々になんか凄いやつら!通称「なん凄」へ、

カメラ小僧として行ってまいりました。

 

 

 

 

--------------------------------------------------

当日どんなバンドが出るのかを、

前日に会場であるDrum LOGOSのホームページを見て確認しておりましたが、

今回は「女祭り」のタイトルの通り

女性Vo.バンドのカバーイベントとなります

……とか何とか言いつつひと月近く経ってしまい

仕事が遅すぎてまことに申し訳ございませんm(_ _;;;)m。

(イヤ厳密には仕事じゃないんだケド…^^ゞ)

 

んでは順を追って、当時の模様を

かなり簡単にではありますがお伝えしたいと思います。

 

 

 

栗壱家閣下(噺家)

「2019年、なんか凄いやつら(今年)1発目の公演に

足を運んでいただきありがとうございます……

 

あれ、皆座っちゃったのね?

今日はロックのイベントですよ??

 

と新年の簡単なご挨拶で始まります、

栗壱家閣下(くりいちやかっか)のご登場です。

 

「今日はロックの日ですよ???」

 

大事なことなので2回おっしゃってます(含笑)。

(正確にはあと1回言ってたかな)

座っているお客さんに対して何とか立っていただこうと

まずは大きな拍手を促してから

「起立ーーー!!!」と叫んでおります。

(というかその叫びっぷりはクリーチュアな方の閣下ですなww)。

限られた時間のため落語をがっつり、ではなく

アメリカの高速道路で事故を起こした車の話(いわゆるまくら?)から、

簡単な小噺(こばなし)の後に、

続いては栗壱家閣下の芸人仲間であるキネマおじさんのご登場です。

 

 

 

(O/A)キネマおじさん

得体の知れない落語家の後に得体の知れないおじさんが出てきた、と

饒舌に笑いをとるキネマおじさん。

マイクのわずかにこもったような響き方が

何やら昭和の音声技術を彷彿させるのは気のせいでしょうか。

シネマ(CINEMA)のことを何でキネマと言うのか、という逸話や、

音楽を流しながら面白おかしく(?)映画のお話を聞かせてくださいます。

面白おかしく、と言ってるくらいなので

「あれ、あの映画そんな内容だったっけ?」と思うような話もあるゆえ、

広〜〜い心で聞かれることをお勧めいたします(意味深)。

かける音楽というのもカセットテープなのがまた昭和な感じでいいですね。

 

 

また、栗壱家閣下とキネマおじさんは

福岡市城南区で爆笑夜マッスイ!というイベントにもご出演されておりますので、

ぜひそちらも、とのことでした(詳細はリンク先をドゾ)。

 

 

 

The 足りん人(JITTERIN'JINN)

バンド名の読み方はTheを無理やりジと読ませることで

そのまま「ジ タリン ジン」と読むそうです。

80年代を代表するバンドの一つであるJITTERIN'JINNですが、

カバーとはいえライブ形式で拝見するのは初めてです。

改めて聞いてみると、結構曲が…というか演奏が忙しいんだな〜と知りました。

なお、The 足りん人のベースは聖飢魔IIGROUPのベースでもある松隈さんで、

あとで知ったんですがギターはなんちゃって聖飢魔IIや

聖飢魔IIGROUPでもギターを弾いておられる

まルーク参謀もしくはジェイル丸山代官こと丸山さんだと判明。

会場でお会いした朋さん(これまた聖鬼魔2のベースのぜにょん朋和尚)、

情報提供ありがとうございますっっm(_ _)m!!!

 

1曲目の「夏祭り」は、某Whiteberryのカバーでも知られておりますが、

知る限り自分と同年代くらいの方は

夏祭りはJITTERIN'JINNでしょ!とおっしゃる方が大半で、

私も例にもれずそう思ってるクチです(^^ゞ。

続いては「エヴリデイ」「バイ バイ ハニー」へ。

 

JITTERIN'JINNは実らない恋の歌が多い、という話があって、

言われてみると確かに1曲目の「夏祭り」だって

「好きだって事が言えなかった」わけですよね(納得)。

他にも今ならストーカー紛いで

コンプライアンス違反(!)な内容の曲もあったりとか(苦笑)。

そんな中唯一実った恋の内容である「にちようび」ですが、

よくよく聞いたら何だか沖縄民謡風(?)な曲だと思いました。

というかJITTERIN'JINNって結構全体的に面白いテンポの曲が多いですね。

そしてコンプライアンス違反な内容(?)である「アニー」です。


「大変な曲なんです!」という紹介でラストを飾ったのは「プレゼント」。

確かかなり前に知人から聞いた気がするんですが、

ご本家ですら歌詞(=プレゼントでもらったもの)があやふやで

お客さんから教えてもらいながら歌ってたらしい、とか何とか。

 

☆SET LIST☆

夏祭り

MC

エヴリデイ

バイ バイ ハニー

MC

にちようび

アニー

MC

プレゼント

 

 

 

はぁ…ポン酢(PERSONZ)

1曲目の出だしでちょっとしたハプニングがありましたが、

ヴォーカルの海里さんの「集合!」の言葉で

メンバーの皆さんが全員ステージ中央へ(会場爆笑)。

その後何もなかったかのように再スタートしたので、さらに会場大爆笑。

ものすごいインパクトで心をわしづかみされたと思った瞬間でありました(爆笑)。

というわけで1曲目は「DEAR FRIENDS」。

ちなみに自分はこの曲↑しか知らなかったです(^^ゞ。

続いては「CAN'T STOP THE LOVE」へ。

曲調は今回出演のバンドの中では正統派のロック、って感じですかね。

(違った見解だったらすんません)

ちなみにはぁ…ポン酢でベースを弾いていたのは

以前のなん凄でDEAD ENDのカバーバンドに出演していましたつばきさんです。

 

コピーバンドなのに何故か物販のお知らせあり、

(はぁ…ポン酢のオリジナルポン酢、笑)

客席との楽しい掛け合いもあり、

海里さんが楽屋でメイクしたら椿鬼奴さんに似てると言われたという話もあり、

メンバー紹介もあり、何だかかなりゲラゲラ笑い転げたところで

さらに幸せになるべく曲は「BE HAPPY」から

「7 COLORS(Over The Rainbow)」へ。

最後はアンコール??でしょうか(リベンジ??)、

もう一度「DEAR FRIENDS」でした。

 

☆SET LIST☆

DEAR FRIENDS

CAN'T STOP THE LOVE

MC(メンバー紹介)

BE HAPPY

7 COLORS(Over The Rainbow)

アンコール?

DEAR FRIENDS

 

 

URA☆LEWIS(アン・ルイス)

ヴォーカルの方の歌声はとても迫力満点で深みがあるんですが、

話し方はとても穏やかで優しい感じの方でした。

曲調はこの日カバーされた中では一番激しめのロックな感じだと思いました。

それもそのはず、よくよく調べてみると

曲を提供したメンツがロックなんですね。

1曲目の「Honey Dripper」は高橋ヨシロウさんだし、

「天使よ故郷を見よ」はマーシーさんだそうで。

続いての曲は「あゝ無情」なんですが、

えーあえて恥を忍んで申し上げますと、

ワタクシなぜかいつも「あゝ無情」と「六本木心中」が

どっちがどっちかよくわかんなくなっちゃうんですね(^^ゞ。

「き〜れいでしょ♪」で始まる方があゝ無情でしたね(;^_^A。

メンバー紹介を挟んで残り2曲は「ラ・セゾン」「六本木心中」。

「ラ・セゾン」は曲が沢田研二さんで、

詞が何と、あの三浦百恵さん(!)と知りびっくりです。

 

☆SET LIST☆

Honey Dripper

天使よ故郷を見よ

MC

あゝ無情

WOMAN

MC(メンバー紹介)

ラ・セゾン

六本木心中

 

 

レベッ娘(REBECCA)

今回ライブ直前のメンバー写真と、ステージの上からの撮影も頼まれたので

上手(ステージに向かって右側)からの画像も併せて掲載いたします。

閣下が今回ベースで、メインMCじゃないのも実に珍しい光景です。

まずはドラムセット横からの目線バージョン。

こちらステージから客席を見たバージョン。

1曲目「RASPBERRY DREAM」のみステージ上から撮影し、

曲が終わったタイミングでステージ袖の階段を降りてきました。

2曲目は弾むようなキーボード演奏で始まる「CHEAP HIPPIES」、

MCを挟んで続いての「MOON」「LONELY BUTTERFLY」。

今回やっていた曲全体に言えることでもあるんですが、

ご本家(というかNokkoさん本人)は結構攻撃的なステージングであるのに対して、

レベッ娘はどちらかと言うとNokkoさんの優しさを前面に表している印象でしたね。

どの辺のMCでだったか、

こんな広いステージで歌うのは初めてだ、というお話がありまして。

えっそれであの堂々としたパフォーマンスと歌!?と思ったんですが、

後でお話を伺うと、LOGOSのようながっつりライブハウス!ではなく

小さなお店のライブスペースでのステージ経験はあるとのことで、

だとしてもステージをこなしてしまうのは

キャリアとかだけでは語れない何かを感じておりました。

そんなこんなでラスト2曲は「ヴァージニティー」そして「フレンズ」!

やっぱレベッカはこれを聞かなきゃ終われないでしょう♪

 

☆SET LIST☆

RASPBERRY DREAM

CHEAP HIPPIES

MC

MOON

LONELY BUTTERFLY

MC

ヴァージニティー

フレンズ

 

ちなみにレベッ娘だけICレコーダーのスイッチ入れるのをど忘れしてしまい、

セットリストは閣下より情報提供いただきました、ありがとうございます!!!

他はレコーダーから歌詞拾ってセットリストを仕上げました。

もし何か間違ってたらご指摘くださいませ。

 

 

できる限り気を付けたつもりですが、

四六時中カメラ抱えてうろちょろ走り回ってたので

当日私を見かけた方、ライブ観戦のお邪魔してすみませんでした。

またお話してくださった方、声をかけてくださった方、

本当にありがとうございました。

ちょうど私が撮っていた位置からだと

もしかしてベストショットが撮れるのでは?と

私がそこを離れた後に同じ場所から

スマホで画像を撮ってみた方もいらっしゃったそうで(^^ゞ。

 

何はともあれいろいろ貴重な経験までさせていただき

本当にありがとうございますm(_ _)m。楽しかったです♪

 

 

 

おまけ。

ステージに上がるために出してもらったブツ。

「R娘」と書いてあります。何と言うかものすごい省略の仕方だ(*´艸`)。

posted by: kaede | レポ | 21:10 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:10 | - | - | - | - |