Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ぺそぎん・タンバリン
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
PR
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
なんか凄いやつら!復刻版!「元祖!偽モノたちの猛暑回避計画!」

去る7/17(日)は福岡Drum LOGOSにて行われました

「なんか凄いやつら!復刻版!」通称なん凄へ行って参りました。

 

 

 

 

 

--------------------------------------------------

ここのところなん凄参戦時は

聖飢魔IIGROUPのスタッフとしての参加なので、

出演者の入りの時間のちょい後に会場入りをします。

 

ちょうど1年前の今頃に、スタッフとしては初めての

なん凄参戦したのですが(客としての参戦はブランクあり)、

その時は梅雨明け前後の蒸し暑さと、

フロア3つ分の階段往復えんどれすで、

大量の汗をかき太ももとふくらはぎが

あり得ない位の筋肉痛になったものでした。

今回はというと、階段往復はやや少な目だったとは言え

やはりあの心臓破りの階段が

しんどいことに変わりはありません(苦笑)。

 

とは言えやはりこの暑さだとこれがとても美味に感じますね♪

supo-tudorinku

 

指定された入りの時間ちょい前にLOGOSの前に到着すると、

ちょうど聖飢魔IIGROUPの緒方長官がいらしたので、

そのままのこのこついていって会場入りを果たしました(^^ゞ。

すると分厚い扉の向こうから聞こえるは

かすかに漏れるセミの声、じゃなかったリハの音。

 

ななな、何故ここでDEAD ENDの「Psychomania」が???

 

大阪在住時に参加させていただいていた

DEAD END SESSION大阪、通称DES大阪を思い出し感慨深くなります。

思えば、私がなん凄参戦するようになってまだ時期が浅かった頃、

聖飢魔IIGROUPのVOXKREATURE閣下とは

DEAD END話で盛り上がった記憶があったので、

LOGOSに入って閣下を見つけた途端開口一番に

「まさかここでDEAD ENDを聞けるなんて思いませんでしたよ〜(^O^)」

と声をかけていたワタクシです(^^ゞ。

 

しかも聞けばDEAD ENDカバーバンドさんのメンバーのうち

Ba.のつばきさんやGt.のいずみさんは

何と那珂川の野外イベントでもお会いしていた面々で、

Vo.の高田さんも那珂川のイベントでニアミス(?)してるし、

前回(2016.1.17)のなん凄では

何と米米CLUBのカバーで出演されておりました。

こんな感じでチケット参戦ではないゆえ

当日になるまでどんなバンドがいくつ出るのか

まったくもって無知なことが多いのですが、

他にもリハーサルを拝見していたら

あれっこれも聞いたことのあるフレーズ…

おおっこれSHOW-YAだ、あらら陰陽座だわ、とか

そういった意味でなかなか興味深い出演バンドです。

 

過去に自分が何らかの形で

 

元のバンドの曲をカバーしたことがある

 

という、だからそれがどうしたっていう程度の共通点があって、

しかも各バンドさんのSET LISTには

自分がセッションでやったことのある曲が最低1曲はあったという。

(聖飢魔IIだってセッションで歌ったりはしてるからなぁ)

とは言え客として来たわけではないので

ステージをがっつり見ることはできないんですがorz。

それだけに客で見に来たかったと思えるほどの面子でしたともさσ( ̄▽ ̄;)。

 

 

一旦外出の機会があったのでLOGOS入口前にてすかさず激写。

これを見るまでこの日の出演バンドを把握してないうつけ者。

LOGOS入口

 

改めまして出演順は

 

Unskill'ed LOVER(as 陰陽座)

玄海なだーず(as SHOW-YA)

DEAD NEND(as DEAD END)

聖飢魔IIGROUP(as 聖飢魔II)

 

ですが、聖飢魔IIGROUPのミサレポについては

別で掲載予定なので(大人の事情でまだ公表できませんが^^ゞ)、

ここではそれ以外のバンドについて

触れられる限りでお伝えしたいと思います。

 

 

今回の出演バンド名で唯一

パッと見「どこのコピーバンドさん?」なネーミングの

「Unskill'ed LOVER」は陰陽座カバーバンドさん。

Unskilled LOVER

聞けば黒猫さん担当の女性Vo.と、

瞬火さん担当のBa&Vo.の方がご夫婦らしく、

奥様の方はそもそもバンドでのヴォーカル経験が

そこまであるわけではないそうなのですが、

それにしても黒猫さんの歌唱力を

あれだけ表現できるのはすごい!と

リハや本番のモニターチラ見しながら、

私だけでなく周りの方々も感心して見ておりましたですよ。

何でもこの日のステージの為に

メンバーの皆さん全員きちんとお着物をご準備されたそうです。

 

 

言葉の響きで思わず吹き出しそうになるくらい

いろんな意味で分かりやすいネーミングの

レディースバンド「玄海なだーず」はもちろんSHOW-YAのカバーです。

リハは拝見しましたが本番はほとんど音しか聞いておりません。

(よって画像もありません……_| ̄|○)

確か1曲目だったかと思うんですが

X JAPANのカバーで「紅」やってたのはかなり意外でした。

ヴォーカルさんの歌い回しとか演奏されたキーのことを考えると

多分本家SHOW-YAもカバーしてたんじゃないかと。

もちろん「私は嵐」や「限界LOVERS」もやってましたよ。

 

 

そして私個人的にツボだったのが

DEAD ENDカバーバンドさん「DEAD NEND」。

DEAD NEND

どう読むんだろうと思っていたところ、

どうやら「デッドネンド」とお読みするようです。

かなり短い期間で曲をコピーしたらしいと

リハの際に小耳にはさんでおり、

大人の事情(意味深)でアルバム「shambara」からの選曲みたいです。

私はほぼ楽屋にいたので本番はあまり拝見してませんが、

出番前に楽屋に来られた高田さんのルックスが

髪立てがっつりフルメイクなMORRIEさん(!)だったので、

デジカメの試し撮りをしてきま〜す、という名目を掲げて

ちゃっかり最初の方だけステージを拝見してきました(*´艸`)。

(それを職権乱用とも言う)

いずみさんは那珂川で限定復活したあのGILT FACEで

ステージを拝見して以来ですが、

(というか多分それが初見だったんだけど)

短期間でDEAD ENDのYOUさんのギターを

よくぞあそこまでカバーできたものだなと思いつつも

YOUさんだったらあそこまで動き回らんわな、と思う位

よく動くし顔で弾くギタリストだと言う印象を受けました(含笑)。

(↑しかも後の打ち上げで話を聞いたら何と私と同い年だったww)

つばきさんは、リハの後で

一度お仕事に戻られて、それから本番を迎えたそうで、

そんなハードスケジュールながらも

いずみさんとは対照的な静かなステージング(含笑)で、

落ち着いたフレーズでサウンドを支えておりました。

で、やはり高田さんのMORRIEさんっぷりには

ある種の愛を感じましたよ☆

これぞ「偽モノ」の醍醐味ですなwww

 

曲順はうろ覚えですが、やってたのは

「Embryo Burning」

「Night Song」

「Psychomania」

「Serpent Silver」

「I Can Hear The Rain」だったかな〜。

 

 

おまけ。

何故にひらがな!?と心の中で突っ込んだコチラ。

スタッフパス

posted by: kaede | レポ | 22:05 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:05 | - | - | - | - |