Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ぺそぎん・タンバリン
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
PR
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
さらば親知らず( ´ ▽ ` )ノ〜抜歯当日編
親知らず抜歯日記その2。


 
--------------------------------------------------
そんな感じで(どんな感じだ)迎えた抜歯当日である9日の土曜日。

親知らずを抜くということ自体は11年ぶりの大イベントですが、
下の歯と上の歯ではいろいろと事情が違うみたいで、
だいたい親知らず抜いて数日間痛みがひどかったとか
顔がめちゃくちゃ腫れたとかいうのは
ほとんどが下の親知らずのことだろう、と先生。
曰く「下の親知らず(の抜歯)と上は別物だと思ってもらえれば」と。

えー、結論から言いますと一番痛かったのは

一番初めの麻酔の注射が刺さった瞬間

だと思います(^o^)丿。

まずは麻酔の前に抗生物質と痛み止めのロキソニンをもらって、
麻酔が切れてからも薬が効くように、とのことで
今飲んでくださいと言われたのであわてて服用し、
それから右の上の奥の歯茎に麻酔を注射してしばらくおいて、

「ちょっと触ってみますね〜」

と先生が器具で歯茎をぐいぐい押してみると、

「う〜、何かまだ痛痒い感じがします」

と答えるともれなく麻酔追加ε=\_○ノ。
都合3回くらい麻酔をおかわりしたような気がします(謎)。

触られる感覚はあれど痛みはほとんどなくなってきました。

直径10cmちょいくらいの丸い穴が開いている
タオルみたいなものを顔にかぶせられたので
どういう器具を使ってるのかは全然見えませんでしたが
ペンチみたいなものなのかトンカチみたいなものなのか
とにかく何かわからん器具らしきもので奥の歯を
ぐいぐい左右に押したり引いたりされて、
一瞬器具の圧力がなくなったので

てっきり手でも滑ったのかと思ってました。
註:仮にそうだとしたら大問題だろ、と後で気づいたヾ(--; )

「はい、今抜けましたよ〜」

…え?は、は、早くね???(((((Σ(≡ω≡;ノ)ノ

前回の下の親知らずの時は、
横向きに生えて頭突きかましてる状態だったから
もっと、こう…「抜く」というよりも本当に掘り起こしてる感じで
時間ももっとかかってたように思うので、
上の歯は比較的まっすぐ生えてくれてたのですんなり抜けたのでしょう。

予想以上にスムーズにすっぽ抜けてくれた親知らずですが、
抜けた穴には先述のテルプラグを詰め込み、
糸で穴を縫い合わせてから
小さく折りたたんだガーゼを
止血目的で奥歯に噛ませた状態で、
3日分の抗生物質と痛み止めをもらってこの日の診察は終了。

次回は1週間後の1/16に抜糸(歯を抜くのも糸を抜くのも「ばっし」)と
普段の通院メニューである顎関節治療のスプリント調整と歯のお掃除。
親知らず抜いた直後はまだ麻酔も効いているものの、
この後30分くらいしてから噛んでるガーゼを取り除き、
麻酔が切れてくるのが1時間後くらいだったか、
食事ができるのは1時間後だったか2時間後(もはや忘れた)。

歯科受診の後はキャナルシティ博多に用があったので、
奥歯にガーゼ噛んだまま呑気にてくてく歩いておりました。
ウロウロしているうちに30分以上経っていたので
ティッシュにガーゼを吐き出して備え付けのゴミ箱に捨てて、
それからうろちょろしているうちにもう食事できる時間になりました。

だからって何故か鹿児島ラーメンを食するワタクシ。

以前にも行ってきたラーメンスタジアムの別のお店で
鹿児島ラーメン復刻食堂というところです。
九州のラーメンって全体的にとんこつですが、
鹿児島ラーメンが一番重たい印象がありますね。
あと、ここのラーメンに関しては、
麺がちゃんぽんと細麺の中間位の太さでした。
というか親知らず引っこ抜いた後にしてはえらいもん食べてます(^^ゞ。
それこそ前の親知らず抜いた時ほど痛くないからできたとも言えます。

食べてる分にはさほど痛くはないですが、
噛む時はさっきまで親知らずがあった方の
反対側の歯を使って意識して噛むようにします。
でないと人間よくできてるもので、
無意識に食べていると舌が口の中の食べ物を
偏らせないようにまんべんなく拡げるらしいです。
ということは下手すると食べ物が
親知らず跡地に挟まったりでもしたら悲劇の幕開けです。

なので次の診察までは極力左側で噛むようにします。
ただでさえ扁桃摘出以来噛む回数が増えた上に、
それを片方の歯だけでやるとなると想像を超える重労働。
よってラーメン1杯で左の顎がだるくなっておりました(当たり前だ)。

幸いなのは、やはり扁桃腺切った時の痛みに比べりゃ
どうってことないレベルだし、
もっと言えば下の親知らず抜いた時の痛みに比べりゃ
それこそ本当にどうってことないレベルなので、
しばらくおかゆしか食べられないとか
刺激物や揚げ物禁止!とまではなかったですよ。

続いては糸を取ってもらうまでのお話。
posted by: kaede | 親知らず | 22:59 | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:59 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック