Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
ぺそぎん・タンバリン
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
PR
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
からの〜、ヒトカラ
直前の記事で、歯科口腔外科の診察を受けた話題をしておいて難ですが、
その後は何となく思い立ってヒトカラで歌い初めなんぞをしてきました(≧∇≦)。
しかもその前には懲りずにお昼にラーメン食べたりもしましたが、
正直そんなにそそられる味ではなかったのでここではスルーします(鬼)。

最近自主的に腹式呼吸の練習と、
唇をプルプル震わせるリップロールというボイトレの一種を
お風呂でやるようにしているのですが、
その効果がちゃんとあるのかどうかを
好奇心で調べてみたい、というのもありました。

今のところ特に参加しているバンドも活動予定も何もないので
覚えなければいけないような曲もないんですが、
だったら今歌いたい歌歌えばいいやん、という(*´艸`)。

以前ボイトレ体験を受けて(詳細はコチラ)、
喉を開いて歌うということをより意識するようにしているんですが、
顎関節症の肩書(普通は病名という)がついた以上

嫌でも大口開けずに歌う特訓ができる!

というプラス思考なのか何なのかよくわからん発想もあります(^^ゞ。

全ての人にとってそれが正しいのかどうかはわかりませんが、
私自身ブレス(息継ぎ)の時に、
思いっきり口から吸いこんでた気がするのですが、
今回のヒトカラではブレスは鼻から息を吸い込んで、
口をあまり開けず喉を開くイメージで、
なおかつお腹から息が出るような気持ちで、
というのを全体的に意識してみました。
ただ、基本的にアレルギー性鼻炎なので、
気をつけないとブレスの度にマイクに
いびきみたいな音が入るので注意が必要ですが(^^ゞ。

その結果、1回カラオケすると最初の方で喉がひっかかったり
終わる頃は声がガラガラになるような酷使をしていたのが、
今回ほとんど喉が枯れることがありませんでした。
そういう意味では、自主トレも多少活かされてるのかな?と思いました。

いずれにしてもこういうものは時間をかけて身につけて行くものだろうから、
今回の思い付き歌い初めを教訓に、今後もしっかり向上心を忘れないで
バスタイムを有意義に過ごそうと思ったのでした←ちょっと違う?
posted by: kaede | 個人練習・歌 | 23:12 | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:12 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック