Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ぺそぎん・タンバリン
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
PR
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
マジヤバイ

今週は本当の意味(?)でマジヤバイ状態だったな(;´Д`)。

仕事の最中、職場のロッカーに置いてる私物を

全部引き上げることまで考えてた。

極力溜め込まずに小出しにして

上司に相談に乗ってもらってたが、ここ2日だけで

半年分溜め込んだのと同じ状況に陥ってしまいちゅどーん。

 

ひとまず吐き出して少し気が楽になったのもあるし、

話聞いてくれる上司なのが幸いだった。

聞けば一回り以上年下だったらしい。

気づけば、最近一回り下の男性に話聞いてもらって

年甲斐もなく号泣することが多い(ただしALL仕事関係)。

 

号泣したせいでちょっと頭痛いけど、

溜め込んだストレスも涙も、

出せる時に思いっきり出した方が

多少はいいみたいね。゚(つД`)゚。

 

ネガティヴな言葉だけど、

辛い時は辛い、悲しい時は悲しい、と言うのも大事。

言葉の力で相手に届くし、

言葉にすることで中に溜め込んでた負の感情が

吐き出されていくような気がする。

 

負の感情を撒き散らして

周りに感染拡大してるんじゃなくて、

言葉にすることで霧みたいにパッとかき消されていく感じ。

言葉にする前より、言葉に出した後の方が、

辛いとか悲しいそのものの存在自体が

小さくなっていくんじゃないかと思う。

 

……って朝っぱらから

何言ってるんでしょうワタクシε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘。

posted by: kaede | 言葉の力 | 09:47 | - | - | - | - |
言葉にしないでわかってもらうのは難しい

人に言われて改めて気づくんだけど、

どうも自分は小出しすることができなくて

溜め込みすぎてしまうタイプらしい。

 

溜め込みすぎてちゅどーんとなるまで周りも気づかないので、

小出しが一番いいのは理屈じゃわかるんだけど、

それができりゃ苦労しないよ。

逆にどうやって小出ししたらいいのか教えて欲しい。

 

何も言わなくてもわかって欲しいなんて思っちゃいない。

とは言えわかってもらうために

どうやって行動したらいいのかがわからない。

言葉にするのが一番ストレートでわかりやすいけど、

言葉にするのにものすごく勇気がいる。

 

言葉にしなきゃわからんか?と思うくらい

周りが鈍いと言うより、

必要以上に自分が抱え込みすぎて

周りが気付けないのが正しいのかな。

抱えてる荷物があまりにも重すぎて

こっちはヒーヒー言ってるんだけど、

悲鳴すら声に出せないから。

 

やっぱ聞いてもらって初めてわかることだってある。

第三者の意見があってこそ、

何かがおかしいと気づくきっかけになる。

難しいけど発言は本当に大事なんだな。

テレパシーが使えないなら、

言葉にするしか伝える方法はないのだから。

posted by: kaede | 言葉の力 | 11:51 | - | - | - | - |
十字架
伝えなければならないのにずっと伝えられなかった言葉を、
長い時間を経てやっと伝えることができた。
頭の中や心の奥に長いこと引っかかってたもやもやしたものが、
ちょっとずつ軽くなった気がする。

直に会って、は実現できなかったが、
ただずっと謝りたいという気持ちがあった。
それでも罪悪感のようなものは奥底にこびりついたまま。
私はこれからも、十字架を背負うように生きて行くのだろう。
posted by: kaede | 言葉の力 | 23:40 | - | trackbacks(0) | - | - |
クッションワードの威力
怒られても「ありがとう」
突っ込まれても「ありがとう」
本当はありがたくもなんともないけど
とりあえず「ありがとう」を挟み込んでおけば
人間関係としては最低限の潤滑油になる

中には自分と合わない意見を
全身全霊をささげる勢いで
拒絶反応示す人もいたりして
拒否んのは別に仕方がないんだけど
相手の人格まで全部否定するのはどうだろう
どうしても受け入れられない考えはあって然るべきだから
それを違う形で吐き出しておけばカドが立たなくて済むんだけどね

要は自分とかけ離れた意見を主張されて
爆発しそうになったけど何とかこらえて
「ありがとう」のクッションワードで
無難に切り抜けたってハナシ
んでもここ数日いろいろため込んでたこともあって
先日ちょいと某ショッピングサイトで
とあるブツをぽちっと衝動買いしてしまったのさ(^^ゞ
posted by: kaede | 言葉の力 | 22:10 | - | trackbacks(0) | - | - |
ことばって本当に難しいな〜…………。
数年前から持っている考えを、
ただ慎重に言葉にしようとしてるだけなのに。
それがうまく表現できずに相手に誤解を与えたという苦い経験が、
自分を必要以上に臆病にしているような気がする。

その当時は「何でわかってくれないの」みたいな
感情的な気持ちになった部分もあっただろうけど、
わかってもらえなかったってことは
わかってもらえない理由があって、
わかってもらえなくて悔しいってことは、
本当はわかってほしかったんだ。

でも強制的にわかってもらうなんて無意味な話。
どうせわかってもらうなら、
納得した上でわかってもらった方が
お互い嫌な気持ちにならずに済むはず。
とは言え現実そんなに簡単な問題じゃないのも
自分なりにわかってる、つもり。

時の流れと言うのは実に不思議なもので、
多かれ少なかれ己に何らかの変化をもたらす。
数年前にできなかったことを
今更リベンジしようと思えばできないことはないかも知れない。
でも数年前と全く同じことをただやるのではなく、
数年前と変わらない考え方を今の自分ならどう説明できるか?ということ。

あ、多分誰も思わないだろうけど、
恋愛系の悩み事では全くないので念のため(`∀´)。

一頃、恋愛っぽく見せかけて
実は全然恋愛がテェマではないんだよーん、っていう
思わせぶり(?)な詩をやたら書いていた時期があったのを思い出した。
ただし通信教育で作詞講座やる前に
独学で作詞の勉強やってたぐらいの頃の話だが。
結構前からヒネクレ者だったってことか(/ω\)。
posted by: kaede | 言葉の力 | 23:13 | - | trackbacks(0) | - | - |
瀬戸内寂聴さんの言葉
金スマ見ていて断片的に瀬戸内寂聴さんの言葉を聞いていると、
かつて機会があってお寺に坊さんの説法聞きに行ったことを思い出した。

尤も寂聴さんは天台宗で、以前説法聞いた坊さんは浄土真宗なんですが。

共通しているのは、ひどく悩んでいたり落ち込んでいたりしている時ほど、
慰めてもらってるのに近いような、心に響くものはあると思えること。

裏を返せば、自分が悩みはしてても進むべき方向が見いだせている時点で、
説法聞いてもそれほどいたく心にしみるもんでもないらしい。

つまり今の自分は、浄土真宗の説法聞いた当時に比べると
気持ち的にはまあまあ大丈夫な方なんかなと。

寂聴さんの言葉に「縁は切っても切れない」とあったが、
私の中では全ての縁が切れないものとは思わない。
切れてよかった縁もよかれ悪かれ
ある種の縁なのだろう、ぐらいの感じで考えるに至った。

かと言って私は別に信心深い仏教徒でもイスラム教徒でも何でもない。
神様仏様ではなく信じていいこと、信じられることだけ信じて、
信じられないことは、物によっちゃ二度と信じない。

つうか神様どころか人一人信じることすら難しいわい。

ただここしばらくの傾向で行くと、まずは自身を信じることだ。
posted by: kaede | 言葉の力 | 00:17 | - | trackbacks(0) | - | - |
ふるさとは 遠きにありて思ふもの(室生犀星)
仕事から帰ってきてゴソゴソやってて、
不意にFIREHOUSEの「OVERNIGHT SENSATION」が流れた

………と思ったら妹からのメール着信音でした。

何か仕事のことで悩んでるみたいな内容だったので、
ただともを利用して電話しました。
実際はメールの内容以上に深刻な悩みを抱えていたらしく、
最初の方はやや沈みがちだった口調も、いろいろ話していくうちに明るくなり、
「聞いてもらって気が楽になった。ありがとう」 と何度も言われました。

近くに住んでいたら、顔見せがてら家に遊びに行くなり
どこか連れ出してご飯食べるなりできるんだろうけど、
離れて暮らしていて電話で話聞くぐらいしかしてやれなくても、
ちょっとは役に立てたかな。

面と向かって、ではないけど妹からの「ありがとう」が
いつになく深みを感じたというか何と言うか。

私も年とったのう(  ̄Д ̄)y-..oO○←じゃがりことため息



んで、妹との電話が布団の上でくつろぎながらだったためか、
通話の後完全に寝落ちてしまい変な時間に眼がさえてます。
なので実に10ヶ月ぶりにおのれのホームページの更新なんぞやってました。

〜WRIGGLE〜
posted by: kaede | 言葉の力 | 04:16 | - | trackbacks(0) | - | - |
心が納得してないと

思い起こせば6年以上(!)も前、私が初めてCANTAのライブを見た時。

http://wriggle.jp/report/1/canta030217.html

ふと、その時のLUKEさんの言葉が非常に印象深かったな〜、と思いました。
6年経った今も割と鮮明に覚えてるのは、レポートで記録したからという理由だけじゃない。

その言葉が文章の中ほどにあって、スクロールするのめんどくさいから一部抜粋。
点線と点線で挟んだ文章が、暗闇のメモ&象形文字とおぼろげな記憶から読み取った、
この日のライブの一番初めの方でのLUKEさんのMCです。

--------------------
何かね…視線があったかいね。
見守られてるって言うか、すごくいい感じです。
今日は何故オレがCANTAを作ったのかということを見てもらうために…
あのね、だいたい歌詞はここ(心を指差して)から言葉を取ってるんだよ。
少なくとも、皆はオレほど長く生きてきたわけじゃないだろうけど(笑)わかると思うんだ。
絶対にここ(心)が納得してないまま何かをやろうとしたら、ダメなんだよ。
誰かから何か言われて、ここ(心)が『あぁそうだな』って思ってるならいいよ。
でもさ、『えー、それって何か違うんじゃないの?』って思ったまま無理に行動すると、
絶対にうまくいかない。少なくともオレはずっとそうだったんだよ。
皆もそうだろ?(笑)だからここ(心)が納得しないままは良くない!
--------------------

私はずっとずっと、この言葉が忘れられずにいる。


厄を気にしすぎなのも踏まえていろいろありすぎて、
ライブ等でお会いする方々にはことごとくグチこぼしまくってる私。
厄×∞って言うけど、いいこともちゃんとあるんだ。
でも、生活の基準となるべき仕事の方が、ずいぶん長いこと浮遊した状態。
これがちゃんとしないことにはどうにもならないのに。

かと言って、いくら不況だからって何でもいいから仕事くれっていうのは違う気がする。
せっかく仕事にありつけても、続かなきゃ意味がないんだもの。
仕方ないからってあきらめるのも一つの方法だってわかってる。
でも「仕方ないで済むか!」ってこともあるし。

一見とんとん拍子で話が進んだようでも、心の中で「何かが違う…」と思うと、
そのまま振り切って無理やり前進しちゃったら、100%に近い確率で痛い目に遭う。
信じきって進んで失敗してコケることもあるけど、それは自業自得だと思う。
でも、心の中が引っかかったままなのはもっとよくない結果を招いてるようだ。

そういう壁に真正面からぶち当たると、必ずこの言葉が頭をよぎる。

「だからここ(心)が納得しないままは良くない!」

心を納得させるべく説得を試みたことがないわけでもない(ってか何かややこしいね)。
でも、自分が思った以上に自分の心ってガンコなところもあったりして。
心が説得できなかったってことは、説得できるだけの根拠と自信が
自分になかったってことなんだろうか…。自分なのに自分に負けてるし。
で、部下をちゃんと説得できてもいないくせに
無理やり上司の職権乱用みたく行動に出ると、瞬く間にコケる(転倒じゃなくてね)。
そういう時、説得に応じなかった心がせせら笑う。

「ほれ見たことか」

ごめん、私が悪かったl|li_| ̄|○il|li。
別に多重人格を演じてるわけではないので念のため。
部下の話に耳を傾けない頭でっかちの上司よりはまだ物分りはいい方だろうよ。

まぁとにかく、引っかかるものがあるとどうも行動に移せないってのもあるんだな。
その割には結構とんでもない行動に出ることもありますが。
私が九州を飛び出した時点でそうだと思う。
あれは「よし、今がチャンスだ!さあ行けっ!」とマイ心のお許しが出たから。
失敗もあったけど、それはそれでよかったと思ってる。
引っかかったままでは九州脱出も、大阪進出もあり得なかった。
だから、引っかかる時は無理強いしちゃいけないんだ。

今も何かと引っかかるものがあるので、多分これは下手に進むと落とし穴にはまりそう。
まぁ仕方ないけどあとはあとで何とか考えるさ。

こんな考えのヤツが自分の親だったら絶対にイヤだけどね。
私もこんな性格のまま誰かの親になんてなりたくないね。

posted by: kaede | 言葉の力 | 23:49 | - | trackbacks(0) | - | - |
泥だらけのエピローグ

泥だらけのエピローグ
90年代を代表するバンドの1つ、T-BOLANの曲のタイトルでもあり、
Vo.の森友嵐士さんが出した自伝本のタイトルでもあります。
出てるらしい、ってのは何かで聞いたことがあったんだけど、
ふとAmazonで検索してみて、何を思ったかほとんど衝動買いでぽちっとな。

本が手元に届いたので、まずは妹へ電話しました。
近所の図書館でこの本を見かけてナナメ読みしたことはあったらしく、
私と違って文章嫌いな妹ですが、気にはなってたらしいので後日送ることにしました。
古本で廉価なのをいいことに、実は2冊買ったんです。
妹に送ろうかな、というのと同時に、自分用にも欲しくなってしまったので。

タイトルごとに1ページから3ページくらいのエッセイと、
合間に曲の詞が載せられてるので本1冊まるまる文章だらけというわけではないため
思ったほど文章の量は多くないみたいです。
まあ時間のある時にゆっくり読もう…のつもりが、
どうにも眠れないため少し読んでみることにしました。

その中で、一つの文章に思わず涙してしまいました。



悲しみや苦しみや痛みを一人で抱きしめて、傷つきすぎるのはやめなよ。



いろいろあって、まさに現在進行形で非常に苦しんでいて、
完全に一人で抱え込んでるかどうかはアヤしいけど、
助けを求める方法がわからない今の状況としては、ほとんどそういう感じです。
このフレーズを見て自分がどうなるかなんてわからないけど、
ほんの少し叱咤激励されたのもあって、思わずブログ投稿しました。


思えば目に飛び込んできた文字、耳に入ってきた歌詞がグサッと心の臓を貫いたのは、
聖飢魔IIの「エガオノママデ」以来でした。
ちなみに詳細は↓の66番目の質問への回答に書いてます。
http://wriggle.jp/question/skm-ii_shinja100q.html
この時もどれだけ泣いたことだろう。
やっぱり人の心をつかむフレーズを書ける人は違うなぁ。

posted by: kaede | 言葉の力 | 05:49 | - | trackbacks(0) | - | - |
DRY & HEAVY BLUES
CANTAの1枚目のアルバムの1曲目の曲。
最近あまりライブでやらなくなったけど、私が思うにアレンジも詞も一番重たい曲。
そして、実は私がCANTAで一番大好きな曲。


重ね重ねの失敗の山が 傷跡だなんて笑わせる


数ある言葉の中で一際ドキッとさせられた言葉。

久々にCD聞いてみると、最近の曲とは随分雰囲気が違う曲だと思い知らされる。
言葉をせいいっぱい詰め込んであるので、歌ってみるとかなり難しい。

ライブで皆に一緒に歌ってもらうというよりも、思いを伝える目的で作られた曲だと思う。
聖飢魔IIの時や、個悪魔活動(要はソロ)の時からも、
LUKEさんから放たれる詞というのは…変な例えだけど「目打ち」みたいだ。
裁縫道具にある、先っぽが細くてだんだん太くなってる針みたいなアレ。
最初はチクッとした痛みで済むけど、深く刺されば刺さるほど傷は押し広げられてしまう。
それくらい深く突き刺さってくるような気がする。


だけど私はその目打ちのおかげで命を救われた。


多分LUKEさんの詞は、自分が一番くじけそうな時ほど深く突き刺さってくるんだ。
一番辛かったことを鮮明に思い出させるくらい、痛い言葉なんだ。
でも私は、LUKEさんの放つ目打ちのような言葉が大好きだ。
もがき苦しんでいた時に、罵声とは違った痛い言葉で私は何度救われただろう。
他の誰かに言われたら「何でお前に言われにゃならんのじゃ」になるけど、
LUKEさんにスパッと言い放たれたらひれ伏しちゃうに違いない、不思議なことに。

結構前から思ってたことなんだけど、やっと記事にできた気がするなぁ。
レポはスランプだけども(苦笑)。
posted by: kaede | 言葉の力 | 23:58 | - | trackbacks(0) | - | - |