Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ぺそぎん・タンバリン
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
PR
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
揺れに多少敏感になっている

今揺れた????

と思ったのが11月18日の10:20ちょい前。

 

ついった上での会話で

震度2〜3くらいでしょうかってなことを言ってたら、

あいほんの防災速報アプリで確認したところ……

 

ホントに震度3だった件。

防災速報

 

 

多分自分がいる地点あたりは震度2。

震度4は熊本地震の時に体感してるので、

そこから考えたら震度2〜3くらいの揺れと予想した。

 

あ、一応大丈夫です('ω')ノ。

posted by: kaede | 気象 | 10:31 | - | - | - | - |
雨雲レーダーその後

さて今日も天気アプリの雨予報VSワタクシ。

プチ遠出からの買い物の途中、

南からどす黒い雲が雷ビカビカ言わせながら

こっちに向かってくる光景に気づくより前に、

野生の勘で一旦帰宅を決意。

雨が止まなければ途中でやめた分の買い物は後日でもよろし。

posted by: kaede | 気象 | 15:54 | - | - | - | - |
雨雲レーダー

あいほんの天気アプリよりも、

自分の方が雨雲探知度が上ってどうなんだろ。

昼前からアプリ見る度に

「1時間以内に絶対雨降んで〜」

みたいなことを延々ぬかし続けていたが、

西の空の様子や水の匂い的には

そんなすぐに降るかい!という私の雨雲レーダー。

で、今もピーカン。勝率結構高めよ( ̄▽ ̄)v。

posted by: kaede | 気象 | 16:52 | - | - | - | - |
地震その後
先日Twitterや当ブログにて、取り急ぎ無事をお伝えしておりますが、
熊本で発生した地震により、現住の福岡でも度々余震が続いております。

電話やネットなどの回線のパンクへの考慮、
安否への言葉に対する一部の人達の否定的な表現を踏まえ、
自分の無事を伝えるだけのことさえも
回線パンクの原因だと揶揄されたり
否定されたりするような気がしてしまい
しばらくの間SNSの閲覧や書き込みができずにいました。

最初に発生した、4/14 21:26頃の地震当時、
私は自宅の居間で母とテレビを見ていました。
突然画面に「緊急地震速報」と流れて、
揺れに警戒してください、というメッセージと
警戒区域を赤く表示した地図が表示され、
九州全域が真っ赤になっているのを見て
「えっ何これ?」と思った数秒後、
地鳴りとカタカタという音と共に横揺れが起きました。
多分ほんの数秒のことだと思いますが、
その時は10分くらい揺れているように感じました。
熊本で震度7の地震が発生、とテレビに映し出され、
その揺れが数秒後に現住にも到達したのだと思いました。
隣にいた母が、私の腕をぎゅっと掴んでいました。
しばらくして、2階の仕事場にいた父が階段を降りてきました。

同居している家族全員の無事をその場で確認し、
すぐさま自分の部屋の様子を見に行くと、
部屋に置いたままにしていたiPhoneに地震の通知と
妹からのメールが入っていて(妹一家の無事もそこで確認)、
テレビで速報が流れたと同時にiPhoneの通知もあったと知りました。

また、本棚を見ると小さなスペースに置いていたはずの
箱入りの使い捨てコンタクトレンズと毛玉取り機、
100円ライターが床に投げ出されていました。
ほぼびっちり詰まっている本やファイルケースが、
2〜4センチくらい手前に乗り出していました。
本棚の向きとその状況からして、
方角的には東西の方向の横揺れだったのだとわかりました。

私自身、東海地方在住時に紀伊半島南東沖地震
震度4の揺れを経験していたので、
今回最初の地震で感じたのもだいたいそれくらいでした。

それからずっとiPhoneの地震速報が10〜20分おきに鳴り続き、
その音と不安で私はなかなか寝付けませんでした。
そして地震速報の前後に小さな揺れが度々起きては
不安と恐怖に怯えていました。

その後の報道により、こちらが本震だとされる4/16 1:25発生の地震。
その当時私は消灯してすでに眠りについていましたが、
こちらもiPhoneの地震速報メッセージにたたき起こされ、
直後に「揺れに警戒してください」のメッセージが響き、
そして町内放送で流れた不気味なチャイムと
「大地震です」という感情のこもらない無機質な声。
地震の揺れも怖かったしiPhoneの通知も怖かったけど、
一番恐ろしかったのはその町内放送の不気味さでした。
この本震の後は何度も小さな揺れとiPhoneの地震通知と共に
不気味な町内放送が続いたためますます不安で眠れなくなりました。

不安過ぎて疲れたのかいつの間にか意識を失っていて、
気づいたら朝になっていました。
夜中の地震の時は怖くてほぼ布団の中にもぐりこんだままでしたが、
起きて改めてiPhoneを見て地震速報を確認すると、
現住の辺りは震度4とされていましたが、
測定地点との誤差と自分の体感を考えると震度5弱はあったと思います。

先述の紀伊半島の地震の2回目の揺れの時
私はマンションの1階に住んでいてロフトベッドで寝ていたので、
震度4の揺れをロフトベッドの上で受けたため、
今回の熊本の本震での揺れはそれと同じくらいに感じました。

部屋を見てみると、今度はパソコンデスクに置いてあった
卓上カレンダーが床に落ちていました。
テレビのニュースと父との会話で、
本震の方の揺れは最初の東西の揺れとは違い
南北方向の揺れだったのではないかと思いました。
部屋の配置モロモロの理由から、
卓上カレンダーが落ちたのも南北の揺れなら説明がついたのです。

私は現在大きな被害はなく無事ですが、
これを書いている今も余震の通知がひっきりなしに鳴り、
時々小さな揺れが起きています。
震度4以上の揺れを経験すると、
しばらく体がずっと揺れている感覚が抜けないため、
何でもない時でも余震を受けているような不安に駆られます。
ですが震源地近くの地域の被害を思うと、何とも言えない気持ちになります。

今の自分に何ができるのかはわかりませんが、
どうか少しでも多くの人の命が無事でありますように。
posted by: kaede | 気象 | 14:50 | - | trackbacks(0) | - | - |
地震
揺れましたが、私は大丈夫です。取り急ぎ福岡より報告まで。
posted by: kaede | 気象 | 08:46 | - | trackbacks(0) | - | - |
台風一過
台風によりほとんどの交通機関がマヒってて、
職場の出勤率は見える範囲で3分の1以下。
そんな中横殴りの雨にも負けず風にも負けず
スクーターで出勤した。
予想以上の強風をなめてかかってたので
死ぬかと思った((((;゚Д゚)))))))。

さすがに交通機関マヒだけあって、
職場に着くまでの間にバス1台も見なかったのは
人生で初めてじゃないかってレベル。
いやでも冷静に考えると、
実家を出ていて某所潜伏中だったら、
路線バス自体そんなに見ることがないことは
あったのかも知れない。

律儀とか真面目と言えば聞こえはいいけど、
昨日午前休だったし明後日午後休の予定なので、
1時間でも時給を確保したいだけの、単なる金の亡者_| ̄|○。
何かと入り用ってのもあるし。

もちろん朝イチからはあまりにも危険だったので、
多少遅れての出勤だけどね。
だんだん雨は落ち着いてきてるけど、
吹き返しの風がかなり強くて、窓の外でゴウゴウ言ってる。

とにかく風が強い!
これから台風が接近する地域の皆さん、
くれぐれもお気をつけくださいませ。

今心配なのは、駐輪場に停めたスクーターが
風ですっ倒されてないかどうかだ(´ω`;)。
先日痛めた手首がまだ完治してないから、
自力で起こすのが辛いのよね。
かよわいキャラではないので、
通りすがりの人に手伝ってくださいなんて言えないし。
posted by: kaede | 気象 | 12:51 | - | trackbacks(0) | - | - |
セミの声
最近親父が耳鳴りとセミの鳴き声の区別がつかんと言っている。
近頃結構早くからセミの鳴き声がするんだけど、
どっちかわからんと言うので
「私にも聞こえてるから紛れもなくセミだセミ!」と言っておいた。
しかし早とちりっつうかどんだけ出てくるの早いんだセミ。

夏どころかまだ夏至の手前なのにどんだけフライング気味なんだセミ。
posted by: kaede | 気象 | 23:45 | - | trackbacks(0) | - | - |
寒の戻り
暴風雪警報出ていましたが、
雪はパラつく程度とは言っても突風ハンパねぇ〜!
いくら50cc越えでも横殴りの風に
文字通りぶっ飛ばされそうだった((((;゚Д゚)))))))。 

でも3月ってこんな感じの寒の戻りが結構ある。
かつて関西在住時も、
何年かに一度のドカ雪で寒さのあまりにスカジャン買ったし、
大阪に引っ越す前日くらいも吹雪に見舞われたし。 
posted by: kaede | 気象 | 21:11 | - | trackbacks(0) | - | - |
台風
台風、本当に近づいてきてんのかな〜?ってなくらい
風が強かったりそうでなかったり。
福岡は場所柄直撃はあまりないんだけど、
子供の頃に台風の目は経験してるのだ。 

ここ最近で一番まともに強風受けたのって、
いつぞやの爆弾低気圧以来のような気がする。

そう言えば先日かかりつけの医院に行った時に頭痛の相談してて、
「台風が来ると頭痛くなることある?」と聞かれたな。
18号の時はそうでもなかったけど、
19号が日本に近づいてる時はちょっとひどい頭痛あったから、
全くないこともないのかも。

さっきネットで台風の位置見てみた。
何でもだいたい北緯30度くらいってのが、
北上してきた台風が偏西風のあおりで方向転換する目安の緯度らしい。
その話聞いてから天気図の見方が変わった。
いずれにしてもこれから台風が近づいていく地域の皆様、
くれぐれもお気を付けくださいませ( ̄人 ̄; )。
posted by: kaede | 気象 | 23:07 | - | trackbacks(0) | - | - |
バケツをひっくり返すような雨

とはよく言ったものですが、降り出した雨粒の大きさを見ると、
バケツよりむしろホースで水まきする時に、ホースの先端を指でつぶして、
水の勢いを増して庭の水やりやってるあんな感じの水しぶきにも思えました。

今から約13年前の平成11年6月29日、
博多駅近辺が水浸しになったあの大雨災害。
福岡の私の実家は高台にあったので浸水の心配は100%ありませんが、
おなじ町内でも町を流れる川の水域近辺の住宅は、
いわばゼロメートル地帯というか川の水位より地面が低かったため、
急激に増水した川は堤防を簡単に越え、川沿いの家に大きな害を及ぼしました。

それもあって、いくら環境がよさそうでも
川の近くに住みたいとは思わなくなりました。
川のすぐ近くにある一戸建てやマンションを見ると、
川が増水したらここのお宅は大丈夫なのだろうか、と思ってしまいます。


ひょっこり。
画像は大雨のしぶきを受けながら
知らぬ間にたくましく実っておりました庭先のひょうたんです。

posted by: kaede | 気象 | 12:55 | - | trackbacks(0) | - | - |